特定非営利活動(NPO)法人こころのはな 設立趣旨書
第10回 第9回 第8回 第7回 第6回 第5回 第3回 第2回 第1回
ひきこもり女子会 NPO法人こころのはな 
本会は無事終了しました!21名のご参加をいただきました。
次回
第12回「ひきこもり女子会」開催日は12月18(月)午後1時半からです。ご予約不要、お待ちしております。





ひきこもり状態にあったり、対人関係や仕事に就くことが難しいなど、様々な生きづらさを抱えている
『女性を対象』
に、当事者体験談・交流会を開催しています。


  • とき: 2017年11月14日(火曜日)午後2時〜4時
  • 場所: NPO法人こころのはな 内
  • 会費:200円
  • 予約:不要 *途中参加、途中帰宅、自主休憩など、ご自由にしてください。

昨年から始め11回目を迎えます。十分な宣伝をしているわけではないのに、初回から多くのの参加者がありました。以降、毎回来られる人数が増えており、こういう場を求めておられる方が多いことを感じています。
今回はゲストスピーカーとして、「林 恭子」さん、「恩田夏絵」さんがいらっしゃいます。
どうぞ、お気軽に覗いていただければと思います。


林 恭子 ひきこもり女子会 NPOこころのはな 【林 恭子 氏】(はやし きょうこ)

高校2年で不登校、20代半ばで、ひきこもりを経験する。
信頼できる医師、同じような経験をした仲間たちとの出会いから、少しずつ自分を取り戻していく。
様々なアルバイト、正社員などを経て、現在は2005年に結婚した夫と、古本屋の経営、事務のアルバイト等をしながら生き抜く術を模索する日々。
『新ひきこもりについて考える会、ヒッキ―ネット、ひきこもりUX会議』などに関わっている。


恩田夏絵 ひきこもり女子会 NPOこころのはな 【恩田夏絵 氏】(おんだ なつえ)

小学2年から不登校に。その後ひきこもりを経て定時制高校を卒業するが、“生きることへの希望”を見いだせず、人生最期の旅のつもりで地球一周の船旅へ。様々なヒトと出会うことで、“生きること”の多様性を実感。死ぬのをやめて現在の仕事に就職。2010年、洋上フリースクール『ピースボート・グローバルスクール』を開校。2013年には、同性パートナーと東京都庁で結婚式を挙げた。2013年より『ひきこもりUX会議』主宰メンバーのひとりとして活動している。

 

人間不信・強迫観念・リストカットと、不器用にしか生きられない自分にどうしようもない苦しみを感じてきました。今でも生きづらさは無くならないと思っていますが、それでも人と出会うことで変化してきた私は、以前よりは生きることが楽になったと感じています。
ひきこもり女子会当日は、わたしのひきこもり体験談も少しお話します。できるだけ安心して同じような思いを抱える人と出会える場になるよう努めます。「自分ひとりだけではないんだ」と、思えることは生きるパワーになると思っています。ご参加お待ちしています。


NPO法人こころのはな京都は、「一緒に生活する協働生活」「共に寄り添う」「したいことを探しチャレンジ」する空間。当事者(ひきこもり・登校拒否)の人たちが理解してくれない・・、孤独感や悩みを持つ・・など、を解決するため「みんなで支え合う空間」です。


   
 
     
     
     







          

supported by seo WEB-EYENET